脱毛前後はアルコール禁止?

脱毛前後はアルコール禁止?

脱毛前後のアルコールは禁止なのでしょうか。 アルコールを飲むと体温が上がって血行がよくなるためにかゆみや赤みなどが発生することがあるからです。 脱毛の施術は光脱毛などはあっという間に終わったり、痛みもそれほど感じないため、あまり肌にダメージを与えて刺激を受けたという感覚がないためアルコール禁止ということを忘れがちですが、肌はほてっているような状態になっています。 見た目にも脱毛した事があまり分からないためアルコール禁止を忘れて飲んでしまった、となることがあるかもしれませんがアルコールを飲んでしまうと、てき面に赤みが出たりする人もいますのでやはり数日は我慢しましょう。脱毛前にも同じ理由でお酒を飲んではいけません。 前の日のアルコールが体に残った状態で脱毛の施術を受けることになりますので、施術中にちょっとした刺激でいつもは何でもなくても赤みなど出てしまうことがあると、途中で施術できなくなることもあるので注意が必要です。 どうしてもお酒を飲まなくてはならない予定が急に入ったりした場合には、お酒を飲む事を優先するか、脱毛を違う日に変更するなどして、脱毛前後は体内にアルコールを摂取しないようにしなければならないでしょう。